4月22日 飛行機作り 参加してきました
その時の 出来事で〜す

各務ヶ原航空博物館の様子です
実は すでに 数回行っていますが
まだ 中をじっくり見たことが 無いのです

来月行った時は 中を見学させてもらおうと 思っています
一番の 目玉は ASUKAのようです

その他には 懐かしい T−33の 221号機が ありました
むか〜し この機体で 数十回 スピンをやったのを 思い出します
今日は 本格的に 尾翼の作成です
我々は エレベーターの 作成を指示されました

おーーー 今日は ちゃんと 鋲が打てる!
2人とも 大喜びです

先ずは エレベーターの 外枠の組み立てです
Mac氏は 真剣に 取り組んでいます

午前中で 左右のエレベーターの 組み上げ完了
点検・・・・・

あの〜 ここは 平鋲なんですけど・・・・
がび〜ん 丸鋲 打っちゃった
午後 この鋲切って 新たに打ち直しましょう
おーー なんと やさしい お言葉・・・・

やっぱ 設計図ちゃんと 見ないと だめみたいですね〜
お昼休みは ココ1番で!
しかし 満員 
しょうがないので 隣の ラーメン屋さんで チャーハン定食! 850円
午後からは
丸鋲を切って
平鋲を 打ち直して

今度は アングルの取り付けです
これで 形が決まります

でも 穴が わずかに 合いません
当然ですね 素人の我々が 打っているんですから
そこで Mac氏は ゴシゴシ ゴシゴシ
ヤスリで 修正です
「おいおい それって いいの?」
「外板が 合わなくなっちゃうんじゃないの?」
「先の事は 先!」
「塞翁が馬!」
「ケセラセラ・・・・」
「Let It Be!」
「???????????」
「ほーっら 楕円になっちゃった」
「Macのせいだ!」
今回は 鋲を打つ前に
ちゃんと 設計図確認
「えらい! 学習能力あり!」

さすが だてに 年を取っていません
その上 鋲打ち後も
設計図確認!

作業確認!
作業確認!

もの作りの 基本ですね〜
これなら 品質保証部 必要ありません

このシステム会社に導入すれば 効率的なのに・・・・・
おっと いつのまにか
金魚鉢の中を のぞいてる人がいますね〜

飛行機をつくっている所を 見学できるなんて
滅多にありませんからね〜

この日の作業は 午後3時過ぎに終了
今日は いっぱい鋲打ちました
2人とも 満足満足!
さーって 帰りましょうか?
ちょっと 待ってくださ〜い!
FLT MANUAL 読んどいて 下さい!

ほえーーー 宿題!
それも 英語・・・・・・・・・・

スキャナーにかけて
それを 文字化して
自動英訳機に かけるか・・・・