2001年 1月 
第2回目の集合

今日は 鋲打ちの練習日です
午前中は 座学 (ぼくは都合によりさぼり 本当は完全に忘れていた)
午後からの実習にあせって参加

丸鋲を 1インチ四方にけがいた所に 穴を開けて
ここに リベットを打つ練習です

15cm四方の アルミ板2枚を 渡されて
そこに 1inc方眼を けがいて
ドリルで 穴を開けました

ここで 大きな 読み違い!
会社で練習したときよりも アルミが薄いし
鋲も 小さいのです
穴を開けようとすると ドリルが滑って ちゃんと目標の所に 穴が開きません

何しろ 私のいる 会社は でかい機械を作っているので
鋲の大きさが 違います

すると 「最初は手で回してその後 エアーで 開けるんだ」との指導
ほーーー 本当に こうすると ちゃんとできました
さすが ベテラン・・・・

クレコ?
プレコの親戚?

アルミを仮止めする 穴止め器具?
説明できない・・・・・

まあ これを2カ所入れて
2枚の アルミ板を固定します

これからが やっと 本番
小さな鋲を 差し込んで

エアーハンマーと 当て板で 鋲打ち開始です
ハンマー係と 当て板係りとの 呼吸が合わないと
うまく打てません

ぼくの 相棒は Mac
ぼくが当て板 Macがハンマーよりも
Macが当て板 ぼくがハンマーの方が きれいに打てます

「おみゃーが へたっぴー じゃけん」
違いました 当て板の方が 技術がいるそうです・・・・・・

2人で 合計 50本ぐらい 打って
点検を受けました
何とか 合格!
練習の成果が 出たのでしょう
でも すでに 夕方・・・・

これで この日は おしましです

その3へ