東京調布飛行場〜新島飛行場

by ムネハルさん

 GWの3連休を使って伊豆諸島新島まで新中央航空のBN2アイランダーとDORNIER228で休暇をかねて往復してきました。あまり乗る機会のない小型旅客機は以外に楽しい物でした!

<編集レポート>
 このレポートは、賛助会員のムネハルさんのご協力により掲載させていただきました。他の会員さんからのレポートもお待ちしております。



調布飛行場は東京第2の旅客空港でありながらすごく小さい空港です。


管制塔

新中央航空社屋と旅客ターミナル(奥の入口)
行きはBN2で、旅客9名乗りパイロット1名のVFR飛行

"Ready for take-off"

離陸開始

調布飛行場の味の素スタジアム

巡航高度4500ft、巡航速度125kt


目視で目標を探すパイロット

飛行コースには江ノ島も見える


アイランダーの脚は固定式 ちなみに機内はこんな感じ 2×5列=計10席
ちょっとしたワンボックスタクシーの様です。
胴体が四角いからか、あまり狭くは感じません
調布から約40分で新島が見えてきた。 新島飛行場を視認。一度パスして反対側から進入。
横風がかなり強く斜め向いてのアプローチ
(なんていう飛び方でしたっけ?)
正解はクラブアプローチ by YASU
【 BN2アイランダー 】
14.94mx10.86mx4.18m IO540(260hp)x2
MTOW3000Kg MCS140kt Range640nm
のどかな新島飛行場。

新島ってこんなところ!!




都内から160Km
とても東京都とは思えないほど美しい海が広がります。ぜひ一度いかれてみては!

帰りは、DORNIER228


調布から新島に到着したところ。


こちらはターボプロップの19人乗り
新島飛行場を離陸。
アイランダーよりパワーがあって(いくらか)静か。
この日は雲が多く視程は悪い
VFRでの雲上飛行、時々揺れる
新中央航空のライバル、東海汽船のジェットフォイル。あなどるなかれ、ボーイングが開発したもの。
こちらは、東京から2時間半かかる!
機内はBN2と同じく非与圧の四角断面のため、狭さは感じない。最後部は3列配置、当然トイレは無い。飛行時間30分だから・・・。BN2と違い、窓は2枚あわせ。しかも膨らんでいる!

DORNIER独特のTNT翼 !



16.97mx16.56mx4.86m 715shpx2 MTOW6200kg MCS222kt Range630nm